ワカバマークの実践広報お問い合わせ運営会社
実践!広報ツール制作塾

 

広報ツール制作で知っておくべき用語

 製本

製本とは、複数ページを束ね、冊子の状態にすることである。ページの束ね方(綴じ方)にはいくつかの方法がある。

ハードカバーの書籍は、上製本ともいい、表紙と本文を別々に製本する。基本的には、本文を糸でかがり、厚紙などを芯にした表紙を後で接着する。並製と比較して、コストは高い。

一方、雑誌や文庫本などは、並製本といい、表紙と本文を同時に製本する。並製の代表的な綴じ方を表にまとめた。

中綴じ二つ折りにした紙を重ね、中心を針金などで綴じる。紙の厚みにより中央に近いページほどページの幅が短くなる。
平綴じページの束を重ね、横から針金などで綴じる。綴じた位置から背までの幅の分、ページはノドいっぱいには開かない。
無線綴じ背を数ミリ削り、ノリで綴じる。ページはノドいっぱいに開く。
アジロ綴じ背を数ミリ感覚で削りノリで綴じる。無線綴じよりも丈夫。ページはノドいっぱいに開く。