ワカバマークの実践広報お問い合わせ運営会社
実践!広報ツール制作塾

 

広報ツール制作で知っておくべき用語

 CMYKとRGB

印刷物とデジタルデータでは、色の表現方法が異なる。印刷物では、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、黒(Key)の4色のインクの組み合わせですべての色を再現する。一方デジタルデータは、赤(R)、緑(G)、青(B)の3色の組み合わせですべての色を再現する。
DTPの場合、CMYKを使っている画像とRGBを使っている画像が混在していると、印刷トラブルになる。印刷データの基本はCMYKである。
また、JPEGはCMYKをサポートしているが、ブラウザによってはCMYKをサポートしていないものもあり、Webサイトに使う画像にCMYKのカラースペースを使ってしまうと、ブラウザでうまく表示されない。

RGB
CMYK
(印刷データの基本)