ワカバマークの実践広報お問い合わせ運営会社
実践!広報ツール制作塾

 

広報ツール制作時に起こる
よくあるトラブルと対処法

 フォントがない

せっかく制作したデータですが、印刷所からフォントがないと言われたことはありませんか。こうしたトラブルを避けるためには、あらかじめ印刷会社に、使用できる環境(フォント、DTPソフトやバージョン)を確認しておくことが大切です。ところで、印刷所にフォントがないまま、印刷するとどうなるでしょうか。

フォントがないとどうなる?

レイアウト時に使った文字の形が違ったり、まったく別な記号になってしまったりという「文字化け」。この現象は「データが作られた環境と、表示される環境が違う」、つまり、データで使われているフォントが表示された環境になかったことから起こるトラブルです。

では、フォントがない場合はどうなるでしょうか。文字のデータ(フォント)は、表示された環境に存在するフォントだけが使われ、表示された環境にないフォントは別なフォントに置き換えられます。文字の大きさや幅は、フォントによって異なるため、レイアウトしたフォントが変わってしまうと、意図したレイアウトが崩れ、文字がはみ出したり、ページがずれたりしてしまいます。

フォント環境をそろえる

では、フォント環境の違いを防ぐにはどうすればいいでしょうか。答えは単純で、フォント環境を同じにすればいいだけです。

いまでも印刷の場合では、文字化けを防ぐために、使えるフォントを指定しています。

ただ、この方法だと、データを制作する場所、データを出力する場所で、フォント環境をまったく同じにしなければなりません。例えば、雑誌を作る場合には、デザイナー、制作会社、印刷所など雑誌のデータを作るすべての場所で、フォントをそろえなければなりません。もし、どうしても印刷所にないフォントを使いたい場合は、従来の方法だと、文字をアウトライン化して、画像データに変換していました。

最近は、フォントワークスの「LETS」やモリサワの「MORISAWA PASSPORT」など、年間契約ですべてのフォントを使えるサービスも出てきています。こうしたサービスを使えば、従来よりも少ないコストで、フォント環境をそろえることができるようになります。

PDF/Xを使う

印刷では、こうした方法のほかに、最近普及しているのが「PDF/X」です。

PDF/Xは、文字化けなどのトラブルをあらかじめ回避するように設計された印刷仕様のPDFです。DTPのトラブルでもっとも多い文字化けについては、フォントをPDFに埋め込むことで回避しています。

PDF/Xの利点は他にもあり、画像データやレイアウトデータなど、複数のファイルにわたっていたものを1つにまとめることで、データの不足をなくしたり、カラースペースを統一したり、ページ単位での差し替えが簡単にできます。最近では、PDF/Xに対応したアプリケーションも増え、以前よりも簡単に作れるようになりました。

注意点としては、一言でPDFと言ってもいろいろで、PDF/X以外は印刷には適さず、かえって大きなトラブルになってしまいます。

関連する記事

  1. 色がおかしい
  2. フォントがない
  3. レイアウトがおかしい
  4. DTPデータに印刷会社が対応していない
  5. 文字コードが違う
  6. Wordで作ったデータを印刷したい