ワカバマークの実践広報お問い合わせ運営会社
実践!文章コミュニケーション塾

 

広報担当者が知っておくべき
知的財産権の知識

日々の広報活動の中で使われる文章や写真、イラスト。こうしたものは、「知的財産」として、保護されるものです。ここでは、広報活動をする上で、広報担当者が知っておくべき「知的財産権」の知識を解説していきます。

 知的財産権とは、どういう権利?

知的財産権とは?

知的財産権とは、知的想像活動によって生み出された成果を、創造した人の財産として保護するための権利です。

「知的財産」と「知的財産権」は、「知的財産基本法」に定義されてます。

「知的財産」「知的財産権」とは?

知的財産と知的財産権は、「知的財産基本法」に次のように定義されてます。

「知的財産」

  1. 発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの
  2. 商標、商号その他事業活動に用いられる商品又は役務を表示するもの
  3. 営業秘密その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報

「知的財産権」

特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利又は法律上保護される利益に係る権利

知的財産権の種類は?

知的財産権は、大きく分けて、創作意欲を促進させる目的の「知的創造物についての権利」と、営業活動における信用維持が目的の「営業商標についての権利」の2つがあります。

知的財産権の種類
「知的創造物についての権利」
特許権特許法
実用新案権実用新案法
意匠権意匠法
著作権著作権法
育成者権種苗法
回路配置利用権半導体回路配置保護法
営業秘密不正競争防止法
「営業商標についての権利」
商標権商標法
商号会社法、商法
商品表示、商品形態不正競争防止法

産業財産権とは?

知的財産権のうち、

  1. 「特許権」
  2. 「実用新案権」
  3. 「意匠権」
  4. 「商標権」

の4つを、「産業財産権」といい、特許庁が所管しています。

インターネットのドメイン名も「商品表示、商品形態」として、不当競争防止法で保護されています。

「産業財産権」
特許権
実用新案権
意匠権
商標権
 
Copyright (c) 2009 Cross Value Communications Inc. All Rights Reserved.