ワカバマークの広報お問い合わせ運営会社概要
実践!広報カメラ塾〜すぐ仕事に使える、普段の疑問が解決できる〜

 
知って納得!撮影・カメラ用語

被写界深度

被写界深度とは、撮影する対象がシャープに写る範囲のことです。被写体(画面の主役)だけがシャープでその前後はボケている状態を「被写界深度が浅い」といい、逆に被写体とその前後がともにシャープな状態を「被写界深度が深い」といいます。
被写界深度は、絞り(F値)やレンズ、撮影距離によって変化します。以下、簡単に表にまとめました。

▼被写界深度と絞り、レンズ、距離の関係
 深い(画面全体に焦点)浅い(主役だけに焦点)
絞り(F値)最小絞り(F値大きい)開放絞り(F値小さい)
レンズ広角望遠
距離遠い近い




 過去の記事

絞りとシャッタースピードの関係
シャッタースピード
絞り(F値)
画像サイズ
画質モード
ISO感度
被写界深度
露出
露出補正
ホワイトバランス
写真データの保存形式
撮像素子
 



セミナーレポート公開中
 
kangoro.net
Copyright (c) 2009 Cross Value Communications Inc. All Rights Reserved.