ワカバマークの広報お問い合わせ運営会社概要
実践!広報カメラ塾〜すぐ仕事に使える、普段の疑問が解決できる〜

 
知って納得!撮影・カメラ用語

写真データの保存形式

写真データの保存形式は、デジタルカメラで撮影した画像データを保存するファイル形式のことです。JPEG(ジェイペグ)、TIFF(ティフ)、RAW(ロー)の3種類があります。
JPEGはファイルサイズが小さい一方、圧縮率を高めるほど画質が荒くなります。TIFFはファイルサイズは大きいかわりに、画質はJPEGよりも高くなります。RAWは“現像前”の“生”のデータで、ファイルサイズはTIFFよりも大きいです。しかし、露出やホワイトバランスの調整を、画質を劣化させずに行うことができます。


 過去の記事

絞りとシャッタースピードの関係
シャッタースピード
絞り(F値)
画像サイズ
画質モード
ISO感度
被写界深度
露出
露出補正
ホワイトバランス
写真データの保存形式
撮像素子
 


セミナーレポート公開中
 
kangoro.net
Copyright (c) 2009 Cross Value Communications Inc. All Rights Reserved.