ワカバマークの広報お問い合わせ運営会社概要
実践!広報カメラ塾〜すぐ仕事に使える、普段の疑問が解決できる〜

 
撮影・カメラの疑問お答えします。
Q

Q06. 印刷とモニタの色の見え方が違うのはなぜ?

A

1. 色の見え方

色は、光とその光を反射するもの、そして反射された光を受け止める目が必要です。

紙に印刷されたインクの反射で色を表現する印刷物と、モニタ上でさまざまな色の光が発光するデジタルデータの場合では、色の見え方が異なります。

2. 加色法のデジタルデータ

光を発生するデジタルデータの場合、赤(R)、緑(G)、青(B)の色の光を重ねて色を表現し、3色すべてを重ねると白になります(加色法:図1)。赤と緑を重ねると黄色になりますが、これは白色から青を取り除いた状態と同じです。

3. 減色法の印刷物

一方印刷物の場合、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)と黒の4種類の色のインクを使って色を表現します。シアン、マゼンタ、イエローの3色を混ぜると、グレーに見えます(減色法:図2)。シアンのインクに白色光を当てると、白色光から赤の光を吸収し、緑と青の光を反射し合成された色が目に届いてシアンに見えます。マゼンタとイエローのインクを混ぜ白色光を当てると、白色光から緑と青の光を吸収し、赤い光を反射するため、赤に見えます。

図1:デジタルデータ(加色法)
図2:印刷(減色法)


 過去の記事

 Q06. 印刷とモニタの色の見え方が違うのはなぜ?
 Q05. よけいな光の反射や写りこみを避けるには?
 Q04. 適切な画像のサイズ(解像度)は?
 Q03. 露出と絞り、シャッタースピードの関係は?
 Q02. プロのカメラマンに頼むべきなのは、どんなシーン?
 Q01. コンパクトデジカメとデジカメ一眼レフの違いは?
 

セミナーレポート公開中
 
kangoro.net
Copyright (c) 2009 Cross Value Communications Inc. All Rights Reserved.